01≪ 2018/02/ 12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫03

とうとう還暦☆

_MG_8094 (2)


今年に入り
雪の舞い散る寒い日が4週続いていますが
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
お正月以来
すっかりまたご無沙汰してしまいました
Kanarinさんこそ何してはったん?と言われそう
何とか生きておりました<(_ _)>

北朝鮮の動向を見ながら
どうする
どうすると焦っておりましたら
とうとう
主人も今年還暦を迎えました


前の記事にupしましたように
料亭や高級レストランではなく
自宅でささやかに家族だけで
お祝いを行うことにしたKanarin宅

そこで必要なのが
赤いお座布団

ネットでも様々
売ってはいるのですが
やっぱり信用できるところで
買いたいなと思い
地元のお布団屋さんで作ってもらいました




s-_MG_8631 (2)


出来上がったのが
想像以上に大きく
ふかふかで
とても気持ちのよいものでした~


s-_MG_8637 (2)


次に
プレゼント・・・
まずは
お酒が無難な路線でしょうか

主人はアルコールは幅広く好きなのですが
好きなだけに
拘りもかなり強く
新潟のお酒がよいけれど
ただ単に高級酒を贈ればよいというわけには参りません
(ココが難しい所)

本人の口に合うお酒を
ああでもないこうでもないと
細かく調べて
見つけ出したのが


s-IMG_8525.jpg



石本酒造の
越乃寒梅 別撰
主人は
寒いけれど
梅の咲くころに生まれたから
ぴったりのネーミング

地元久留米で有名な駅近くの酒屋さん
全国のお酒を取り寄せていらっしゃるので
安心して買えました
還暦のお祝いで買いたいと話しましたら
ご年配の店主がとてもお喜びになりました






のほほん娘が
ちょいと筆で
アレンジしてくれまして




s-IMG_8535.jpg



美味しいお酒に
金箔を浮かべて
みんなで乾杯です(笑)
辛口でとても呑み易く
主人もご満悦でした♪



s-IMG_8530 (2)



パーティ会場は
華やかでなくちゃいけませんから
リビングを飾りつけました

我が家の娘たちは
たま~に甘える時
主人をパピーと呼びます


s-_MG_8623 (2)



お花紙でちまちまと
60を作り
ピアノに立てかけました






主人が
花はもういいよ~と言っていましたから
どうするか迷ったのですが
小さめのアレンジメントを
花屋さんにはお願いしまして
急な注文でしたが快く作って頂けました

赤いお花中心の
可愛いアレンジで
お部屋もぱ~っと
明るくなりましたね
これには主人も喜びました







七色のカーネーション・・・
主人も
この先また一歩一歩
歩いて
七色に輝いてしてほしいと
思います




お料理・・・
仕出し屋さんに一式お頼みしましたが
少しは手作りがありませんとね~
ってことで
お赤飯を作ることに・・

それが
若い頃は炊飯器を使ってスイッチオン
簡単に作っておりましたが
今回は蒸し器を使ってみようと思いました
しかし
一度試しでやってみたところ
小豆がパックリ割れまして~

そこで
関東で使われるささげという豆にチャレンジ
でも
こちら九州では
イオンやゆめタウン、Aプライス等
なかなか入手できず
ネットで買わなくちゃダメかな~と
諦めかけていた時
ありました

先日
天神の岩田屋デパ地下を歩き回っていたら
ささげが売っていましたよ
ラッキー☆☆☆



s-IMG_8642.jpg




不格好ですが
お許しを~
ささげは割れなくて正解
土井先生のレシピに合わせて
ささげいっぱい
味はよかったです
(ゴマ塩フリフリ食べる時にお好みでかけました)



s-IMG_8614.jpg



福岡と言えば
いちごの産地
ハウス農家の方にお願いして
小粒の
摘みたて新鮮いちごを分けて頂けました
(Yさん、ご無理を聞いて頂き感謝です)

小粒なのにはわけがありまして
これが
こうなるんです↓












いちごたっぷりの
鯛ケーキ

私がクッキーを予め焼いて
飾りつけは
娘たちが気合を入れて頑張りました
チョコで漢字を書くのは
結構難しいんですね~

いちごにゼラチンを塗ると
どうも臭みがあるから
ケーキ屋さんが使用する
無臭のナパージュを少量入手しました
(これも天神の岩田屋デパ地下で)




以前のブログで
ちゃんちゃんこに
のほほん娘のつまみ細工をつけると
申しましたが
紅白ではあるものの
花が菊っぽいので
還暦のお祝いにはいかがなものかとなりまして
あれは
娘の大学卒業時の袴に
つけることにしました

それで
替わりに・・・




s-_MG_8628 (2)



再びのほほん娘が
せっせとちねりにちねって
鶴をあしらったものを作り
ちゃんちゃんこに飾りました

赤い頭巾に赤いちゃんちゃんこ
鶴のつまみ細工のブローチが映えて美しかったです
主人が
日本人のおじいちゃんぽくなるのではなく
意外とフランス人の画家のようになって
似合っていたのが印象的でしたね~(笑)




s-IMG_8678 (2)






お酒は決まったものの
メインプレゼントを
何にするかで
相当迷いました~

当初
ネクタイがよいのではないかと思い
羊がいっぱいついた赤のエルメス
あるいは
イタリアの花柄マリネッラを選ぼうとしていたのですが
主人がどうしても
ネクタイは嫌だと言いますので・・・
結局のところ
オーダーメイドの白シャツにしまして
これは少々奮発していいものを作りました
パールっぽい布地にイニシャルを入れまして
主人・・・まるで王子様みたい(笑)

後は
月並みにグンゼの赤い下着ですね~♪

そして最後に・・・
60年前の誕生日当日
西日本新聞コピー

「kanarin、
これをいったいどこで手に入れた?!」と
主人は驚きました
サプライズ大成功

こっそり
石橋文化センター横の図書館で
主人に気づかれないよう注意して
司書のお姉さんに頼んだのです

古い新聞の原本は
マイクロフィルム?のようなものなので
機械で確認しながら
とても丁寧に
細かいところまで配慮されながら
一枚一枚
綺麗にコピーして下さいました

主人は
俺が生まれた日に
こんなことがあったんだな~と
しみじみ
新聞を熟読しておりました






こうして
数々の方の真心とご協力によって
無事主人の還暦のお祝いができました

主人もクラッカーの弾ける音と共に
くす玉を割ったり
60の数字がついた蝋燭の火を吹き消したり
プレゼントを娘たちから受け取ったり
メチャメチャ照れながらも
ありがとうと言って
感激していたように思います

どうか
いつまでも元気で
若々しい主人であってほしいと願っています

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

明けましておめでとうございます

穏やかな雰囲気で
スタートした
2018年

皆さま
明けまして
おめでとうございます

今年も
どうぞ
宜しくお願い致します<(_ _)>

  



今年の
我が家初の試みとして
お屠蘇を
屠蘇器を使って頂くことにしました

これまで
お屠蘇を実家で飲むことはあれ
我が家では飲んだことがありませんでした

今年は自分で作ってみようと思い
ネットで作り方を検索しているうちに
屠蘇器なるものがあることに気づきました

屠蘇器っていいなと感じ
主人に話してみたら
主人の実家にあるはずだと言いますので
主人の姉にシンビジウムを届けた際に
訊きました

すると
どうも漆塗りの
立派な屠蘇器はあるのはあるようですが、
手入れがとても難しいとのこと
ちょうど屠蘇器のセールがあると
甘木のとあるお店のチラシをくれまして
屠蘇器っていうのはね
こうだよああだよと説明された上で
念のため実家の母にも聞いた方がいいよと勧められ・・・

それで
実家の母に尋ねましたら
私達の結納の時に使ったものがあるとの返事
もううちでは使わないから
あげるわよ~と言われました
おお~ラッキー☆☆☆




s-IMG_8519 (2)






それが↑の写真です
皆さまのお宅のような
漆塗りの豪華な装飾がなされたものではないのですが
私達の結納の時に使われた
縁起ものだから
ま、よし
分相応だと思います
それに
お手入れも簡単だから気が楽です(笑)

因みに
屠蘇飾り・・・これは手作りしました
姉に勧められたお店に立ち寄った時
屠蘇飾りがついていたのですが
残念ながら
屠蘇飾りは売ることができないと言われました

なければ自分で作るしかないと思い
自分で赤と白の和紙を買って折ったので
安上がりでした
(鶴の水引は以前から家にあったものを利用)

娘たちも屠蘇器を使い
三々九度のようにして
喜んでお屠蘇を飲んでくれまして
狭いながらも楽しい我が家です(^-^)/




あと・・・
皆さまのお宅にもあるかもしれませんが
お正月に飾る生花
あれを生けてある竹を使った花器があります

随分前に
花屋さんで生けてあるものを
そのまま買って飾ったのですが
その後・・・
緑色だった竹が枯れて
黄色っぽくなり
何ともしょぼくれて・・・
中途半端でとても使えないものになって
これまた離れの片隅に幾年となく
放置されていたのです

それが気になり
捨てるのも惜しく
何とか
再利用できないかと考えました

思い切って
色を塗ってみることにしました
イオンでnuroとかいう
特殊な絵の具を
以前買ったままにしておりましたのを
思い出したのです



それが
コレです↓






s-IMG_8500.jpg




周囲は赤
縁はゴールドで塗ってみました
ニューオータニのおせちに
ついていた紐を再利用
それに
水引の鶴をちょっと飾ってみました

玄関がパア~ッと明るくなり
私の気分もよくなりました


テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

初めての餅作り

年の暮れに
ふと

そう言えば
我が家にも
母から譲り受けた餅つき機があったことを
思い出しました

譲り受けてから
一度も使ったことがなく
離れに10年くらい眠ったままでした

急に
勿体ない精神が
ふつふつと沸き起こりまして
「今年最後の試みとして
我が家もお餅を作ってみよう!」と
相成りました

取り敢えず
用意したのは
もち米2キロ

前の晩
もち米を洗いたっぷりと吸水させ
翌日ざるで水気を切り
説明書どおりに
505ccのお水といっしょに
いざ
餅つき機の中へ投入~
スタートボタンをスイッチオン


ゴオンゴオンと
リビングに
機械の音が鳴り響き




もち




途中 打ち水をして
待つこと40分くらいでしょうか




2もち


キャハ
お餅がちゃんとつけていましたよ~
流石は機械ですね☆
壊れてなくてよかった


それを
手で小さくちぎって丸め込めるのですが
それがまた
熱くて熱くて
手が真っ赤っか(*´ω`)┛

手がベタベタになり
粉まみれになりながらも
ま、ぶ恰好ですが
何とか
できました

手前みそですが
食いしん坊の
主人によると美味しいそうです

大きいの小さいのいろいろできて
50数個になりましたので
実家の母にも少しだけど
持って行きましたら
凄く喜んでくれました



s-IMG_8317.jpg

(初心者だから
出来栄えの悪さは大目に見て下さいね)



  

皆さま
今年一年大変お世話になりました
どうぞ
よいお年をお迎え下さい

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

メリークリスマス・イヴ☆

皆さま
メリークリスマス・イヴ☆
って
大変これまた
ご無沙汰していてすみません<(_ _)>


気がつくと
もう12月もすっかり終わりですね~
こっそり
皆さまのブログを拝見しておりました
私めでございます

今日は
朝から
地元久留米の人気ケーキ店
銀のスプーン本店へと足を運びました
女性が多いかと思いきや
結構おじさまや若い男性が多くて驚きました(笑)



_MG_8227.jpg



今年は無難にブッシュドノエル
チョコレートがお好きな方にはよいかもしれません
予約する時にはよくわからなかったのですが
三人の木こりのサンタさんが
えんやこらとリアルで~
ちょっと怖いかも?!




_MG_8231.jpg



先着予約1000名まで
マグカップかお皿を頂けましたので
今回はお皿にしてみました♪

ワインに鶏もも肉のから揚げ
それになぜかお寿司で
ささやかながら
楽しい我が家です

毎年
クリスマス前には
ちょこまかと飾りつけをしているのですが
今年は
一つまた
アイテムが増えました

とあるお店に飾っていらした
ツリーのタペストリーが気に入って
見様見真似で
自分なりにアレンジして作ってみました

トーカイやその他のお店で
クリスマスっぽい布を選び
実物大一辺7センチ三角形になるように切り
綿を詰めて
縫い合わせました
例のごとく
手でチクチクチク
とても地味な作業~

イオンにちょうどよいサンタのボタンがあったので
着けてみたらよさそう~
一番下のカラフルリボンは
ダイソーのリボン

ベルやパールもどきは
家に以前からあったものを再利用




_MG_8265.jpg



玄関に飾ってみたら
なかなかマッチしており
娘たちも喜んでくれました




あと
12月に
ひょんなことから
チャレンジ精神が芽生え・・・
小学生の時以来
久方ぶりに
のこぎりを握ってみました

ナフコで
木材を買い
家でギコギコ
寸法通り切って
主人が持っていた
電動ドリルで穴を開け
木ねじをねじ込み

慣れない手つきで
金槌でくぎ打ち
トントンカツカツ トンカツカツ
最後に
ベンチを以前修理した時に使用して残った
アイボリーのペンキで一塗り・・・
それが
これです↓





_MG_8315.jpg


花台用のミニ椅子・・・

下手だけど
ガーデニング女子から
DIY女子へと変身した私
って
自分で女子と申しますには
あまりにも
オバサンでオコガマシイですね(苦笑)

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

取り敢えず

暑い日が続きますが
皆さまいかがお過ごしでしょうか

4月からずっと
ブログを放置しご心配をおかけしまして
すみません
取り敢えず生きております

4月の後半から
例の北朝鮮による核問題で
大きく心が揺れまして
ブログを続ける気持ちがどうにも萎えておりました

皆さまご存知のように

九州に住んでおります
北朝鮮が攻撃した場合
真っ先に狙われるのがこの九州であります
米軍基地のある沖縄 佐世保  
商業施設のある福岡・・・
敵の爆弾投下での被害に
どうあがいてもすっぱり入りそう

巷では
核シェルターや防護服が話題になっていましたが
急に購入できるものでもなく
仮に購入できたとしても
その効果は確実なものなのか・・・
シェルターのドアが破損した場合
放射能が侵入して来る恐れもあるし
ドアが邪魔して外に出られない事態もあり得るわけで・・・

ミサイルが発射されてから
福岡にはほんの数分で到着することになる
緊急避難の放送が流れても
シェルターに入れるとは限らない
寧ろ間に合わない気がする

家に殆どいる私や主人は別としても
通学中の娘たちはどうなるのか
電車の中ならどうしようもないわけで・・・

いろいろと
考えを巡らすうちに
気が重たくなっておりました~

アメリカではトランプ大統領
日本では安倍首相
どちらも支持率低下低下低下
このままで大丈夫なのか~


ここに来て
これまた
あの雨!!!
連日のように
朝から自衛隊のヘリコプターの音が鳴り響いて
捜索が続いております
おそらく低くヘリコプターが飛んでいるのでしょう

我が家は朝倉ではございませんが
川に近いということがありまして
あの日の夜
生まれて初めて警察官が我が家に見えて
避難を勧められましたね

夕方
母から「あなた 大丈夫なの?!」という電話があるまで
我が家はのんびりしておりました
母に言われてテレビを観てびっくり!!
こちらは確かに雨がダ~~~ッと降りましたが
まさか
朝倉や日田が
あのような事態になっているとは思いもしませんで
慌てて二階に
電化製j品 衣類 食料品  日用品( トイレットペーパー ティッシュ箱 生理用品)
布団におまる(←子供が小さい頃に使っていた)
それに・・・印鑑だの通帳だのの貴重品
なんでもかんでも運び上げ

それと別個に
避難所に避難する場合の手荷物を各自用意しました

娘の友人たちとのLINEのやり取りで
勧められた避難所はお年寄りで既にいっぱいだと知りました
う~ん
他にあるのはあるけど
そこに行くまでの道路が冠水している恐れがあるため
移動は難しいかも

やっぱりここは
自宅で待機か
いよいよ水が上がって来る時は
ベランダから離れの屋上へ行き
そこから梯子を使って
母屋の屋上へ上がるしかない
これだと
三階建ての建物と同じ高さになるから
何とか生き延びることができるだろう

ただ問題は
ひっきりなしに続く雷の嵐(汗)
雷という雷が
地響きを呼び
恐ろしかったのが一晩中

その後も二日ほど
雨がまた大量に降るのではないかと
不安な時間を過ごしました
それでも
親戚や娘の習字の先生
ブログでお世話になっている
福岡にお住いのまっくんの館さんから
お見舞いのお電話や励ましのメールを頂き
心癒されました
感謝です<(_ _)>

幸い
我が家は何の被害もなく
生き延びることができました
後日
下に荷物を降ろすのが大変と言えば
大変でしたが
それは嬉しい大変でした

朝倉 日田の方たちの
御不幸
本当にお気の毒です
ご家族を突然失われた悲しみはいかばかりかと
察しますと
涙がこぼれます
心よりお悔やみ申し上げます

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

初カキ小屋

すっかりご無沙汰のKanarinですが
皆さまお元気でいらっしゃいますか?

春が近づくにつれて
連日のように
のほほん娘にせがまれ
初めて
糸島まで行って来ました



IMG_5001.jpg



糸島と言えば
漁師町・・・


のほほん娘の
お目当ては
ズバリ
カキ小屋です

カキ小屋と言いますと
どんな所~?と思いましたら・・・



IMG_5005.jpg


ご覧のとおり
ビニールハウスになりますね

糸島には
このようなカキ小屋がたくさんあるのですが、
今回は加布里にある
住吉丸に決めました



IMG_5014.jpg


店内は
黄色のジャンパーがたくさんかけてありまして
M・L・LLとサイズもいろいろ
無料で借りることができます
服がどうしても汚れることが
ありますんでね



IMG_5008.jpg

住吉丸には
炭火小屋とガス小屋がありますが
主人が
「ここはやっぱり炭火だろう」と主張しますんで
今回は炭火で焼いてみました

平日の先着20名限定で
サザエをサービスしてくれるそうで
思いがけず
ラッキー☆でした

住吉丸の特長として
カキのサイズを選べる点がいいですね
よそのカキ小屋は
一律一盛り1000円のカキばかりですが
ここは
一盛り特大1500円 大1200円 中1000円の三種類
我が家のは真ん中の大サイズです

紙皿と割りばし カキを開けるスティック?
それに軍手をもらいました
カキを焼く時は
気を付けないと
汁が飛びますので
横向きにカキを並べます

最初に平らな面を下にして
焼きを入れて
トングでひっくり返し
よく焼くと
じんわり口が開きます

ここぞのところで
主人がカキを剥いてくれました
(危なそうですからね)

ノロウイルス予防のためにも
仕上げにもう少し
焼いて食べました


IMG_5010.jpg



車エビにハマグリ・・・
ハマグリがパカ~ンと開くのを
眺めて
楽しかった♪って
残酷な私



IMG_5017.jpg


住吉丸ならではの
カキのビッグなシュウマイ
アツアツで
これまた美味しかった!

カキフライも頼みたかったのですが
土日限定商品だとか(笑)

他にも
イカや魚に貝の
メニューはたくさんありました

おにぎりやビールなどの
お持ち込みは可能なので
よろしいですよ
(肉類や魚介類の持ち込みは不可)

土日はお客さんが殺到するためか
一団体二時間利用だそうです

糸島って
気分転換には
とてもいいところだと思いました♪

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

メリークリスマス☆

IMG_4431 (2)



久しぶりの更新です

皆さま、メリークリスマス



IMG_4441.jpg



色気のない我が家は
食い気onlyのクリスマス(*^^*)



IMG_4437.jpg



今年はケーキばかりを
何度も12月に食べましたっけ




IMG_4312.jpg




上ののほほん娘が
天神のクリスマスフェスタで
ちょっとかわったものを買ってきたくらいで



IMG_4284.jpg


これといった催し物もない我が家
それでも
家族団欒
楽しんでおります
(何とか生きております)

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

まな板の鯉

今週の月曜日に
とうとう手術を受けました!

って
藪から棒に
一体何の話やねん


実は、Kanarin
ここ数か月
ずっと悩んでおりました

左目の瞼に
できものができまして~
それ以前に右目の瞼にもしこりがありますの

右目の瞼は殆ど目立たないのですが
左目の瞼は真ん中にあるものですから
見た目もよろしくなく
どうしたものか
まさか
悪いものでは???と心配になり
7月の下旬に眼科へ行きましたところ・・・
霰粒腫と呼ばれるものでした
痛くもかゆくもないのですが
マイボーム腺が詰まってできるしこり


先生曰く
「ハハ~ン
眼瞼下垂もありますから
この際、霰粒腫を袋ごと切り取りましょう
ここをこう切って
細い糸と少し太い糸で
細かく細かく縫って
全部縫い合わせることになります」

「え?
私・・・眼瞼下垂なんですか
それは何が原因でそうなるのですか?」

「はっきり言って
加齢ですね」

「加齢・・・ですか」

「はい、人は年を取ると
背中も胸もお腹もお尻も腿も
お肉が下に垂れてきますね
それと同じで顔のお肉も前に垂れて来るわけです
(先生が身振り手振りで説明される)

手術を受けると
若返りますよ」

「先生・・・それっておいくらぐらい
かかるものでしょうか?」

「そうですね・・・
よそで所謂整形を受けるとなると
50万くらいします
それが、御病気でのことですから
ここでは7万くらいでできますよ
民間の保険とかでも対象になっていますから
保険もおります
ただ、10年後に
また同じ手術をしなくてはならないかもしれません」

若返るという言葉に
強く心が動くものの
両目とも手術をするとなると・・・汗

私には
遠い昔
二重瞼に整形をした
従姉妹が二人いるのですが
整形をした後、
痛くて夜眠れなかったと聞いたことがあったので
どうも痛いのは嫌なのでした

「決心が着いたら、また来て下さい」と
先生はごり押しはせず
促されました

待合室に戻ると
看護婦さんが見えて
詳しく説明をされました
整形のように両目(二回に分けて)とも切って
手術をする場合は
予約をとってから
二階の手術室で行われる

しかし
霰粒腫だけを取ることもできる
この場合は、予約なしで外来でできる

これを聞いて
どうするか
しばらく悩むことになります

若返るのは実に嬉しいこと

若返るどころではなく
二重瞼になると
すごく美人になれるのでは!!
この歳で
またモテ期が来るとは~

しかし・・・
ネットで調べると
確かに眼科で受けると
ご費用の方はかなりお安くできるけど
やっぱり美容外科の方が技術的には上で
綺麗な整形になるようで・・・
眼科だと両目のバランスが今一のようで・・・

それに・・・
眼瞼下垂の手術をした後
ご本人は気づかなかったらしいけど
寝る時に目が少し開いたままで
ご家族がびっくりされた方もいらしたようで・・・

私はただでさえ
ドライアイなのに
寝る時に
目が完全に閉じなかった場合
どうなるよ??
さらに
目が悪くなるじゃないか~

おまけに
私の眼科の先生は
もうご高齢ですぞ
万が一のことも考えてしまいますよね~

どっちにしても
手術後に
汗が瞼に落ちて来てしまったり
お風呂に入れないでイライラしたりがあると
いけないから
暑い夏場はNG

10月の下旬に
実家の父の13回忌予定
その時に
眼帯していたら
みんながびっくりするだろうから
その後にと思っていたら

下の娘が
10月中旬から咳が続いて
夜眠れないこともあって
とても心配で心配で・・・
自分のことは後回しになってしまいました


悩みに悩んだ挙句
部分切除をお願いすることにしました

先生が
「しこりの根が深い場合
出血がひどいかもしれないんですよね~」と
三回も言われたので
多少ビビッたのですが
それでも
もう
日にちを伸ばさない
今を逃したらいけない
決行だと心に決めて
細めのベッドに横になりました

看護婦さんが
痛み止めの目薬を差されて
出血のためのガーゼのようなものを
左側に張り付けられました
髪の毛も束ねて・・・

先生が他の方の診察を終えて
やっと来てくれて
「麻酔の注射をしますね~
しびれてきますね~」
何かが瞼の上に押し付けられて・・・
まだよくしびれていないのに
次なるメスが!
ジリジリジリ・・・・
チクチクしました
それでも
耐えきれない痛みではありませんでした

「しこりを取りました
後、堅くなっている部分も取り除きますね」
看護婦さんに
ハサミを渡すように指示したかと思うと・・・
すぐに切られたようでした
あっという間のできごとだったような

何かを塗られた後
私はゆっくり起きるように言われ
看護婦さんに誘導されて
ガーゼを押し当てた上から
温かいレーザーのようなものを
5分か10分当てておりました

出血もすぐに止まりましたが
なんとなく
ふらふらして歩いて
主人の下へ行きました

看護婦さんに
「今度いつ来たらいいですか?
明日ですか?
それに注意事項は何でしょうか?」と
尋ねましたところ
「これと言ってはありません」と言われて
拍子抜けしてしまいました

「え??
私、縫ってるんでしょう??」

「縫っていませんよ」

「え??
以前
先生は縫うとおっしゃっていたのですよ」

「出血も止まっていますし
普通に顔も洗えますよ」

え~~~!!?
ネットでは
お風呂はいけないとか
特に動き回ったらダメで
安静にしておくとか書いてあったのに~

主人に言わせると
「お前は
軽傷だったんだよ」です

薬局で
痛み止めのお薬一回分と
抗生剤を一日分
それに点眼薬をもらいました
眼帯ももらえず~
どこにも行けない(-_-メ)

半信半疑ながらも
念のため安静にして
主人には掃除・洗濯・お料理と
家事をしてもらって
二日ほどゆっくりして過ごしました
思っていたよりも痛みはなく
腫れも少しで済みました

なんだ
こんなことなら
早くすればよかったと思うことしきり

後は傷跡がなくなるのを
時間をかけて待つだけです

年をとると
どこかしら悪くなるもの
皆さんもどうぞ注意して下さいね

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

シン・ゴジラ出現!

今日は昨日と打って変わって
温かい福岡

こんな日は
家にいたのでは勿体ない!

そこで
筑前町(夜須町と三輪町が合併してできた町)の
田んぼの真ん中に現れた
シン・ゴジラを観に行くことになりました~










ドド~ン☆☆☆




_MG_7813.jpg






そうなんです
藁なんです

でも
藁でできているとは
とても思えないほど
リアルな出来栄え
立体的でしょう?

ゴジラの足元には
赤と白の鉄塔があちこち
置いてありました






_MG_7834.jpg




これを一目見ようと
考えることは皆さん同じでして~
土日はとても人が多くて
まともに撮れないから
今日行ってみて正解だったようです




_MG_7820.jpg




本当はライトアップも
撮ってみたかったけど
例の悲惨な火災のことで
ライトアップは自粛だそうでして
ま、こればっかりは仕方ないです





_MG_7804.jpg





来年はゴジラ以外の藁の作品も
撮れるようにしたいものです
(先週の日曜日に他の作品もあったそうなので)

藁も立派なアートですね♪






_MG_7819.jpg




大きなしっぽで吹っ飛ばされそう~

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

平和な世界

台風騒ぎやなんやらで
今日は久しぶりの更新・・・

お天気も回復し
とある花屋さんへ足を運んでみました
毎年少しづつ揃えている
ハロウィングッズが二割引とあって
夢中で
どれにするか決めていましたら

隣にいた主人が

「あれ~
こんなところに
こんなものが!」
と呟きました

何だろうと思い
その目線を辿りました
棚の下奥の方を覗きこみましたら・・・

ありゃ!!
なんだこりゃ~(笑)





猫ちゃん


クルミの殻のたくさん入った箱の中で
スヤスヤと眠る二匹の子猫

ふふふ・・・
花屋さんのお店の中って
不思議な空間ですね(=゚ω゚)ノ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

kanarin♪

Author:kanarin♪
◎kanarinブログへようこそ!

晴れ時々曇りの人生を
愛カメラCanon EOS 60Dで写しています
カメラ初心者で
まだ手探りの段階での写真ですが
よろしかったら
覗いて行かれて下さい

★リンクフリーです(^_^)

いちごカウンターつけました!
温かい応援を頂き有難うございます
わくわくカテゴリ
最新記事
コメントありがとうございます
月別アーカイブ
お気に入りブログ
AquariumClock 2
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

「幻の庭。鬼灯(ほおずき)」
クリックすると時計が現れるよ!鬼灯の成長過程が見たい時はもう一度クリック~赤い鬼灯をクリックすると、何かが起こるかも!?(びっくりしないでネ)

『Chris's Crime』