05≪ 2018/06/ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギョッギョッとした瞬間

我々は
日々の
暮らしの中で
時として
想像を超える
出来事に出くわすことがある



先日
とあるお店で
本来
そこにあるはずのない
驚くべきあるものと
遭遇




それは・・・
それは・・・
それは~~~










プレデター
(にょっきり仁王立ち)


身長2mは軽くあろうか
プ・・・
プ・・・・

プレデター


出た~~
ゾゾ~
これぞ、まさしく
シュワちゃんを呼べの瞬間である


(「お前は醜い」と言ってやりたい)





しかし
店内をよく見ると・・
衝撃は
これだけではなかった
他にも
こんなものが










エイリアン


ギョッギョッ((((;゚Д゚)))))))
これまた
2メートル越えの
怪物
エイリアン




どちらも
本物
そっくりじゃないか!!!

この店は一体
何なんだ~~~






ということで
店員のお姉さんに
尋ねましたところ


どうも
オーナーの方が
アメリカの映画館で
デイスプレイされていたものを
直接交渉して買われたらしいのだとか

道理で
顔つき・・・
筋肉の付き方や
血管が浮き出る細部まで
超リアルだと思った

いやはや
それにしても
びっくりした~~(*´Д`)

真夜中に
一人で道を歩いていて
いきなり
暗がりで
これが出てきたら
悲鳴を上げて
腰を抜かすかもね(-_-;)

店内で
泣くお子ちゃまが
いるっていうのもわかるよね~(´・ω・`)




でもね
怖いものだけじゃなくて
懐かしいものもあったんですよ





ET



ET
昔 観たよね~('ω')ノ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

厄払い

主人の還暦のお祝いを終えたKanarin一家でしたが
寒い日がお正月から続いておりましたのと
インフルエンザABが同時に
ちまたで蔓延しているのとで
人混みに外出するのが億劫で
肝心の厄払いをまだ済ませておらず
ずっと気になっていました

厄って
本人だけでなく
家族にも影響が出るらしいので
急がねばなりません
(厄って怖いよね~


下の娘が
博多の方に厄払いで有名な
若八幡宮という所があるらしいよ~
と、情報を入手してくれたのですが
行かれた経験のある方のお話だと
とても人気のスポットだから
長時間並ばなくてはならないし
海や川が近いため
風が冷たく吹き、冬場はとても寒いらしいので
Kanarinには到底耐えきれないから断念

遠くまで行かなくても
ここは
やっぱり地元でいいんじゃないかということで
霊峰高良山の頂上にある
筑後一の宮
高良大社へお参りに行くことになりました

高良大社と言えば
若かりし頃、
大学の日本史レポートのため
父と2人で行ったことがありまして~

あれがあの時に
比較検証のためボールペンを置いて写真に撮った
鬼たちが並べて造ったという伝説の神籠石(こうごいし)だよ
あっちの道が山伏が修行した道だよ
と言いながら
懐かしくドライブ
(そうなんです
高良山は遺跡が非常に多く
山全体がパワースポットなのです)

しかし
駐車場に車を置いて
赤い鳥居から
いざ石段を登ってみたら
日頃の運動不足で
自分の足腰の弱さを痛感
手すりを持って
途中で休み休みして上がりました

オバサンは情けね~(*´Д`)
もう若くないんだと
当たり前のことだけど
思わざるを得ませんでした
他の方たちのように
新しくできたハイテクのモノレール?に乗れば
楽だったかな~と感じながらも・・・

ようやく上にたどり着きましたら
昨年
高良大社は
全面的に大規模な修復がなされていて
とても美しかったです


高良大社 (2)
↑おんぼろ携帯で写したから画像が悪くてすみません




手を清めて
一旦参拝してから
社務所前で靴を脱いで
神主さんに受付をお願いしました

説明どおりに
主人の名前や住所、生まれ年を書きまして~
自宅で
予め準備していた
御初穂料(新札で5000円)を入れたのし袋を
お渡ししました

次に
通されたお部屋で待機
エアコンの暖房が効いて温かい(^-^)
ほっと一息タイムです


しばらくして
本殿に通され
驚きましたのは
ふかふかの絨毯が敷き詰められていて
しかも
その絨毯がとっても温かったこと
暖房入りとはこれまた有り難い
天の助けとはこのことか~

ほほ~
これって
太宰府天満宮や他の神社よりも
よろしいんじゃない
ラッキー

この日は平日で
たまたま
他の祈願者がいなかったので
広い本殿が貸し切り状態
主人だけのために
お祓いをして頂きました

シャンシャンシャン・・・
シャンシャンシャン
心地よい鈴の音色が鳴り響き

最後に
神主さんが叩く太鼓に合わせて
主人が神妙な面持ちで
玉串を神様に捧げ
夫婦ともども
二礼二拍一礼

終わった後、
神主さんから頂いた
手提げ袋の中にあった絵馬に
主人の
健康や安全を祈願しました

久留米の街並みを一望できる場所で
景色を楽しんだ後
ちょうどお昼になったので
市街地にある料理屋さんで
ささやかに2人でランチ



s-お刺身





帰宅して
頂いた手提げ袋の中身を
よく見ましたら





s-IMG_8732.jpg




お守りやお米
お神酒  お箸などが入れてありましたね




この小箱の中身は何だろうか?
パカッと開けてみました




s-IMG_8746.jpg




可愛い紅白の
和菓子でした

後・・・
厄払いの時に
主人の首に掛けましたお袈裟
神主さんがどうぞお持ち帰り下さいと
おっしゃったので
有り難く持ち帰りました





s-IMG_8737.jpg





厄を払って
家内安全
健康に暮らせますように

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

とうとう還暦☆

_MG_8094 (2)


今年に入り
雪の舞い散る寒い日が4週続いていますが
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
お正月以来
すっかりまたご無沙汰してしまいました
Kanarinさんこそ何してはったん?と言われそう
何とか生きておりました<(_ _)>

北朝鮮の動向を見ながら
どうする
どうすると焦っておりましたら
とうとう
主人も今年還暦を迎えました


前の記事にupしましたように
料亭や高級レストランではなく
自宅でささやかに家族だけで
お祝いを行うことにしたKanarin宅

そこで必要なのが
赤いお座布団

ネットでも様々
売ってはいるのですが
やっぱり信用できるところで
買いたいなと思い
地元のお布団屋さんで作ってもらいました




s-_MG_8631 (2)


出来上がったのが
想像以上に大きく
ふかふかで
とても気持ちのよいものでした~


s-_MG_8637 (2)


次に
プレゼント・・・
まずは
お酒が無難な路線でしょうか

主人はアルコールは幅広く好きなのですが
好きなだけに
拘りもかなり強く
新潟のお酒がよいけれど
ただ単に高級酒を贈ればよいというわけには参りません
(ココが難しい所)

本人の口に合うお酒を
ああでもないこうでもないと
細かく調べて
見つけ出したのが


s-IMG_8525.jpg



石本酒造の
越乃寒梅 別撰
主人は
寒いけれど
梅の咲くころに生まれたから
ぴったりのネーミング

地元久留米で有名な駅近くの酒屋さん
全国のお酒を取り寄せていらっしゃるので
安心して買えました
還暦のお祝いで買いたいと話しましたら
ご年配の店主がとてもお喜びになりました






のほほん娘が
ちょいと筆で
アレンジしてくれまして




s-IMG_8535.jpg



美味しいお酒に
金箔を浮かべて
みんなで乾杯です(笑)
辛口でとても呑み易く
主人もご満悦でした♪



s-IMG_8530 (2)



パーティ会場は
華やかでなくちゃいけませんから
リビングを飾りつけました

我が家の娘たちは
たま~に甘える時
主人をパピーと呼びます


s-_MG_8623 (2)



お花紙でちまちまと
60を作り
ピアノに立てかけました






主人が
花はもういいよ~と言っていましたから
どうするか迷ったのですが
小さめのアレンジメントを
花屋さんにはお願いしまして
急な注文でしたが快く作って頂けました

赤いお花中心の
可愛いアレンジで
お部屋もぱ~っと
明るくなりましたね
これには主人も喜びました







七色のカーネーション・・・
主人も
この先また一歩一歩
歩いて
七色に輝いてしてほしいと
思います




お料理・・・
仕出し屋さんに一式お頼みしましたが
少しは手作りがありませんとね~
ってことで
お赤飯を作ることに・・

それが
若い頃は炊飯器を使ってスイッチオン
簡単に作っておりましたが
今回は蒸し器を使ってみようと思いました
しかし
一度試しでやってみたところ
小豆がパックリ割れまして~

そこで
関東で使われるささげという豆にチャレンジ
でも
こちら九州では
イオンやゆめタウン、Aプライス等
なかなか入手できず
ネットで買わなくちゃダメかな~と
諦めかけていた時
ありました

先日
天神の岩田屋デパ地下を歩き回っていたら
ささげが売っていましたよ
ラッキー☆☆☆



s-IMG_8642.jpg




不格好ですが
お許しを~
ささげは割れなくて正解
土井先生のレシピに合わせて
ささげいっぱい
味はよかったです
(ゴマ塩フリフリ食べる時にお好みでかけました)



s-IMG_8614.jpg



福岡と言えば
いちごの産地
ハウス農家の方にお願いして
小粒の
摘みたて新鮮いちごを分けて頂けました
(Yさん、ご無理を聞いて頂き感謝です)

小粒なのにはわけがありまして
これが
こうなるんです↓












いちごたっぷりの
鯛ケーキ

私がクッキーを予め焼いて
飾りつけは
娘たちが気合を入れて頑張りました
チョコで漢字を書くのは
結構難しいんですね~

いちごにゼラチンを塗ると
どうも臭みがあるから
ケーキ屋さんが使用する
無臭のナパージュを少量入手しました
(これも天神の岩田屋デパ地下で)




以前のブログで
ちゃんちゃんこに
のほほん娘のつまみ細工をつけると
申しましたが
紅白ではあるものの
花が菊っぽいので
還暦のお祝いにはいかがなものかとなりまして
あれは
娘の大学卒業時の袴に
つけることにしました

それで
替わりに・・・




s-_MG_8628 (2)



再びのほほん娘が
せっせとちねりにちねって
鶴をあしらったものを作り
ちゃんちゃんこに飾りました

赤い頭巾に赤いちゃんちゃんこ
鶴のつまみ細工のブローチが映えて美しかったです
主人が
日本人のおじいちゃんぽくなるのではなく
意外とフランス人の画家のようになって
似合っていたのが印象的でしたね~(笑)




s-IMG_8678 (2)






お酒は決まったものの
メインプレゼントを
何にするかで
相当迷いました~

当初
ネクタイがよいのではないかと思い
羊がいっぱいついた赤のエルメス
あるいは
イタリアの花柄マリネッラを選ぼうとしていたのですが
主人がどうしても
ネクタイは嫌だと言いますので・・・
結局のところ
オーダーメイドの白シャツにしまして
これは少々奮発していいものを作りました
パールっぽい布地にイニシャルを入れまして
主人・・・まるで王子様みたい(笑)

後は
月並みにグンゼの赤い下着ですね~♪

そして最後に・・・
60年前の誕生日当日
西日本新聞コピー

「kanarin、
これをいったいどこで手に入れた?!」と
主人は驚きました
サプライズ大成功

こっそり
石橋文化センター横の図書館で
主人に気づかれないよう注意して
司書のお姉さんに頼んだのです

古い新聞の原本は
マイクロフィルム?のようなものなので
機械で確認しながら
とても丁寧に
細かいところまで配慮されながら
一枚一枚
綺麗にコピーして下さいました

主人は
俺が生まれた日に
こんなことがあったんだな~と
しみじみ
新聞を熟読しておりました






こうして
数々の方の真心とご協力によって
無事主人の還暦のお祝いができました

主人もクラッカーの弾ける音と共に
くす玉を割ったり
60の数字がついた蝋燭の火を吹き消したり
プレゼントを娘たちから受け取ったり
メチャメチャ照れながらも
ありがとうと言って
感激していたように思います

どうか
いつまでも元気で
若々しい主人であってほしいと願っています

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

kanarin♪

Author:kanarin♪
◎kanarinブログへようこそ!

晴れ時々曇りの人生を
愛カメラCanon EOS 60Dで写しています
カメラ初心者で
まだ手探りの段階での写真ですが
よろしかったら
覗いて行かれて下さい

★リンクフリーです(^_^)

いちごカウンターつけました!
温かい応援を頂き有難うございます
わくわくカテゴリ
最新記事
コメントありがとうございます
月別アーカイブ
お気に入りブログ
AquariumClock 2
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

「幻の庭。鬼灯(ほおずき)」
クリックすると時計が現れるよ!鬼灯の成長過程が見たい時はもう一度クリック~赤い鬼灯をクリックすると、何かが起こるかも!?(びっくりしないでネ)

『Chris's Crime』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。